高卒地方公務員の受験資格

高卒地方公務員の受験資格

受験資格の基本は年齢制限

学力レベルでの分類はありますが、公務員試験の受験資格の基準は【年齢】です。
公務員試験は、受験資格さえクリアしていれば、高校や大学の卒業資格は問われません。
ですから、高校在学中に初級を受験することもできますし、最終学歴が高校卒業でもがんばって中級や上級を受けることもできます。
民間企業の就職と違って、だれにでも平等にチャンスがあるのが公務員試験なのです。

年齢制限の幅が狭い初級地方公務員ですが、年度によって年齢制限の幅が変わることがあります。
特に専門職は変更するケースが多いようです。
受験を決めたら、各自治体のホームページで受験資格を必ず確認しましょう。

住民でなくても受験できます

地方公務員になるには、「地元の自治体の試験を受けるもの」、「住民である自治体しか受験できない」と思っている人が多いのではないでしょうか?
地方公務員の試験は、出身地やどこに住んでいるかなどの制限はありません。
受験資格さえクリアすれば、別の地域の受験もできますし、試験日が重ならなければ併願することもできるのです。
出身地による制限がないことから、最近では外国国籍でも受験できる分野も増えています。

地方公務員の試験について

おすすめ専門学校・予備校

当サイトでおすすめしている予備校は東京アカデミーです。
東京アカデミーは公務員を目指す高校生の現役合格をサポートするコースがたくさんあります。実績も高く、たくさんの高校生を公務員試験に合格させています!(実績はこちら

あなたのライフスタイルに合わせたカリキュラムで勉強できて、学費が安いのも魅力です!高校在学中からも通えますよ!




当サイトでおすすめしている専門学校は、資格の大原です。
公務員試験にとても強いことで有名な大原学園の実績は高く、毎年たくさんの生徒が公務員試験に合格しています(実績はこちら)。

大原の特徴は、地方ごとに収集した情報を徹底的に分析し組まれるカリキュラムです。地方独自の試験の傾向がわかるので、ばっちり対策できます。
地方公務員になりたい!と思ったら、資格の大原へGo!



ホーム サイトマップ