高卒地方公務員の配属について

高卒地方公務員の配属について

配属先はどこになるの?

地方公務員に採用されたら、どこに配属されるのか気になりますね。
高卒程度の地方公務員の採用はほとんどが「一般職」で、一般職は「技術系」と「事務系」に分かれます。
それぞれの職種の配属先を見てみましょう。

技術系の配属先
技術系の場合は、職種に応じて各部署に配属されます。
福祉は福祉保健部、建築は建築都市部、土木は土木部、化学は衛生部、農業は農政部などです。
専門性の高い技術系の職場は限られています。

事務系の配属先
事務系の場合は、どの部署にも配属される可能性があります。
事務的な仕事をこなす職員はどの職場にも必要だからです。
配属先が技術系の職場になることも、もちろんあります。
ただし、学校事務と警察事務の配属先は決まっていて、それぞれ公立学校、警察署に勤務することになります。

おすすめ専門学校・予備校

当サイトでおすすめしている予備校は東京アカデミーです。
東京アカデミーは公務員を目指す高校生の現役合格をサポートするコースがたくさんあります。実績も高く、たくさんの高校生を公務員試験に合格させています!(実績はこちら

あなたのライフスタイルに合わせたカリキュラムで勉強できて、学費が安いのも魅力です!高校在学中からも通えますよ!




当サイトでおすすめしている専門学校は、資格の大原です。
公務員試験にとても強いことで有名な大原学園の実績は高く、毎年たくさんの生徒が公務員試験に合格しています(実績はこちら)。

大原の特徴は、地方ごとに収集した情報を徹底的に分析し組まれるカリキュラムです。地方独自の試験の傾向がわかるので、ばっちり対策できます。
地方公務員になりたい!と思ったら、資格の大原へGo!



ホーム サイトマップ