高卒地方公務員の試験について

高卒地方公務員の試験について

地方公務員の試験について

地方公務員になるためには、各自治体が実施している職員採用試験を受けなければなりません。
各自治体の採用担当が、試験の内容や受験資格、試験日程などを決めます。
採用担当部門は、自治体のホームページに採用情報を公開しています。

各自治体の採用窓口一覧はこちら

職種と学力レベルで試験がちがう

公務員試験の特徴は、同じ市役所の職員試験でも、受験する職種によって試験が異なることです。
一般事務系、技士などの技術系、保育士などの資格系など、それぞれの職種専用の採用試験があります。
地方公務員を目指すなら、まずどの職種にするか決めなければ試験対策が行えないのです。

事務職など、採用人数の多い職種は、学力レベルを「初級・中級・上級」に分けています。
通常、採用試験は学力レベルで分類されています。
学力レベルによって試験日程が違うこともあるので受験の際は注意が必要です。

みなさんが目指している高卒程度の地方公務員の学力レベルは「初級」にあたります。
他に、学力レベルの区分を「I種・II種・III種」という名称で分けている自治体もあります(東京都など)。
この場合、高卒程度の学力レベルは「III種」になります。

初級レベルを受験できる年齢は10代後半から20代前半と、非常に狭く設定されています。
これは、大学卒業者や卒業見込み者が受験できないように制限するためです。

地方公務員の試験について

おすすめ専門学校・予備校

当サイトでおすすめしている予備校は東京アカデミーです。
東京アカデミーは公務員を目指す高校生の現役合格をサポートするコースがたくさんあります。実績も高く、たくさんの高校生を公務員試験に合格させています!(実績はこちら

あなたのライフスタイルに合わせたカリキュラムで勉強できて、学費が安いのも魅力です!高校在学中からも通えますよ!




当サイトでおすすめしている専門学校は、資格の大原です。
公務員試験にとても強いことで有名な大原学園の実績は高く、毎年たくさんの生徒が公務員試験に合格しています(実績はこちら)。

大原の特徴は、地方ごとに収集した情報を徹底的に分析し組まれるカリキュラムです。地方独自の試験の傾向がわかるので、ばっちり対策できます。
地方公務員になりたい!と思ったら、資格の大原へGo!



ホーム サイトマップ